おとなになりたくなかった

ぼっちオタクかつ精神科通院しながら一般人のフリをしている人間の日々のあれこれ(更新停止中)。コメント承認制です。

SNS依存症の怖さ

今日の夢見は最悪でした。

私には以前、ツイッターで知り合った仲の良い同人友達Aがいたのですが、ある日突然ブロックされ、実は我慢に我慢を重ねてきたがどうしても嫌いだったのだと人づてに聞かされて縁が切れた人がいました。

詳しい理由は分かりません。
ブロックするほど嫌になる前に、私に直接言ってくれれば直せる所は直したのに……
としばらくは酷く落ち込みました。


目にすると辛いので、Aの発行した同人誌や、メール・手紙のやりとりなどは全て処分しました。
吹っ切れたつもりでいたのですが、今日Aから全て誤解だった、申し訳なかったと心からの謝罪を受けて元通り友達になるという夢を見ました。



元々私には友達がほとんどいませんので、涙が出るほど嬉しかったです。

ああ、またイベント後にご飯食べに行ったり、どこかに遊びに行ったりできるんだ…と思いながら目が覚めました。



惨めです。
終わった友情に(もともとAの側に友情があったのかも、今となっては分かりませんが)縋って、今もあの仲良しごっこに本当は戻りたかったのです。


SNSは麻薬のような依存性があります。
やっている時はみんなと繋がれたような一体感、高揚感がありますが、少しでも離れると話題についていけなくなるのではないか、相手にしてもらえなくなるのではないかと不安でたまらなくなり、空き時間があれば延々と張り付くことになります。


今はやめて大分経ち、あのベタベタした村社会のような所には戻りたくないと思っていたのですが、心の奥底ではこうして夢に見るほど偽りでもいいから承認が欲しいんだと……。


リアルが充実していないと、何度でも夢に見るのかもしれません。
でも私は絶対に結婚したくないし、恋愛もしたくないし、友達もいないし、同人以外の趣味は受動的なものばかりだし(読書やゲームなど)、何年も治療してるのにうつ病は治らないし、どうやってリアルを充実させていいのか分かりません。

広告を非表示にする