読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなになりたくなかった

ぼっちオタクかつ精神科通院しながら一般人のフリをしている人間の日々のあれこれ(更新停止中)。コメント承認制です。

このブログ専用のメアド取っといてよかった

同人活動 身辺雑記

なんだか知らない間に、togetterにまとめられていたそうで…
アクセス数とコメント数が見たこともない数字になっていてビビりました(笑)。
せっかくコメント頂いたのですが、今の仕事が忙しくてほとんど休日がなく、個別にコメント返しすることができません。
質問もいくつか頂きましたが、それにもお答えできません。本当に申し訳ありません。


私なんぞのことを心配してくださった方に一応報告しておきますと、その後割と元気にやっております。
この年齢では奇跡的に、憧れだった職業の見習い(のそのまた見習い)みたいなことをやらせて頂いて、体力的には若い人に混じってしんどいですが、日々充実しております。


こうして、同人のことを考える暇がなくなってみると、不思議とまた同人がやりたくなってくる自分がいます。
オンなのかオフなのか、発表するかしないかも分かりませんが、いつかまた二次創作やれたらいいな、とは思えるようになってきました。
まあ、今は仕事第一なので、●十年後とかそういうレベルですけれどw



約一年前の記事ですので、あの時ほどの悲壮感はなく、読み返すと若干(いや、かなり…)恥ずかしいですが、今でも大筋で意見は変わっていません。
色々とご意見を頂きましたが、中には非常に的確で「確かにその通りです」と言うしかないご批判もありました。
私のことを考え、敢えて厳しくアドバイスを下さる方もいました。
そういった方と、単なる罵詈雑言を連ねただけの空疎な人達と同じにはしたくなかったのですが、コメントの承認は控えさせて頂きました。


どうしてかと言いますと、ここのブログに来て涙が出るほど共感した、同人活動をもう一度考えるきっかけになった、と言って下さる方を一番大事にしたいからです。
傷付いて疲れている時には、単なる「死ね」よりも、正論の方が痛かったりします。
そして大抵は「薄々、頭では分かっているけど実践に踏み切れない」だけだったりもします。
同人の交流やその他諸々に疲れてしまって、ふらりと立ち寄ったブログで更に傷付いて欲しくないなあ、と思ったので掲載を見送らせて頂きました。
いつまでも傷の舐め合いをやっていたらダメになってしまいますが、私と近い思いの方が時々訪れてほっとできる場があってもいいんじゃないか、と思ったので。
私の勝手で、独善的な判断です。


ですが、このブログは私のブログですので、私の好きにする権利があります(それを批判する権利もありますが)。
コメントが掲載されないことが不満なのであれば、ご自分のブログやtwitterで持論を展開して頂ければと思います。

昔は良かった?そんなことはない、ブログ主は昔を美化しているだけ、人間関係は昔から陰湿だったと仰る方がいました。
確かにそういう面もあったのでしょう。
しかし、偶々私はそういった経験が皆無なので、そうは思えないというだけです。自分の経験をベースにしてしか物が言えないので、どうしても主観的になります。
客観性を求めるのならば別のブログへ行った方がお互いのためかと思います。


簡単ではありますが、これでコメントへのお返事とさせて頂きます。
この場所はしばらく残しておきますが、上述の通り個別のコメント返しは多分できないと思います。
今までありがとうございました。