読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなになりたくなかった

ぼっちオタクかつ精神科通院しながら一般人のフリをしている人間の日々のあれこれ(更新停止中)。コメント承認制です。

頂いたコメントのこと

同人活動

このブログを始める時は、ただ単に自分の愚痴・吐き出したいことを書きたかっただけで、アクセスする人も、ましてコメントを残していく人なんてほとんどいないだろうと思っていました。

ところが、自分が予想した以上に反応を頂き、さらにほとんどが肯定的な意見(まあ、承認制にしたせいもあるでしょうが……)であったことは嬉しい驚きです。


コメントの掲載どころか返信すら不要という方もちらほらいて、こちらとしては「その気持ち分かる!」「なるほど、そういう見方もあったのか」と言いたいのですが言えないジレンマもあります(笑)
(ちゃんと全部読んでいます。本当に励まされています、ありがとうございます)


こうして、頂いたコメントを読んでいると、やはり皆本音を言える場所が無いんだなあ…と思います。
何を言っても、今のpixiv・ツイッターありきの同人界隈では「売れない奴の僻み」と受け取られてしまいますからね。


このブログにも一度「貴方のレベルが低いから相手にされないだけ」という趣旨のコメントが来たことがありましたが、今の同人しか知らない人はやはりそういう風にしか見えないんだなあと思いました。
売れたいとかチヤホヤされたいなんてどこにも書いてないんですけどね(笑)。
そりゃあ一冊も売れないなんてことがあれば凹みますけど、19XX年からオフ同人やっていて、そんなに売り上げは変わっていません。むしろ引退直前の方が売れていたくらいです。
(とは言え、零細サークルであることに変わりありませんが)


今の同人誌即売会しか知らない人には信じられないかもしれませんが、昔は島中(サークルの壁ではなく零細~中堅が配置される中央部分)でどこの誰が焼いたのかも判然としないクッキーが回ってきて、それを皆で食べたりとか、大手の本が買えなくてガッカリしている所を、前に並んでいて買えた人が「良かったら読みますか?」なんて言ってくれて、その場で読ませてもらったりとか、一般参加で並んでいる時に全然知らない人同士で話し込んでお互いの水筒に淹れてきた紅茶やスープを交換したりしてたんですよ。

そういう「同じ世間から爪弾きにされたもの同士」みたいな妙な連帯感があって、誰かが困っていたらすぐに助け合う(でも、ベタベタと余計な干渉はしない。その場限り)みたいな空気、自分はここにいていいんだという安心感を返してほしいと思っているだけなんです。(それが無理な願いであることは、重々承知しています)
売り上げ云々ではないんですよ。
感想の手紙も、今と違って擦り寄りとかはなく、きちんと読み込んで下さっているものが多くて…。←こればっかりは、他のサークルさんと比較しようがないので、自分の力量不足もあると思いますが


もう一つ付け加えるなら、確かに今の同人は商業誌のように綺麗な作りの本が増えていますが、レベルの低い本が相手にされないというのは誤解ですね。本当に即売会に足を運んだことがあるのか疑問です。
落書きのような本でも、pixiv大手やその取り巻きで交流上手な人、あとはよく分からないけどそのジャンルの流行や、ニッチな需要のあるCPなどは「それほど上手でなくても」そこそこ売れてます。


……とまあ、たまに「ん?」というコメントもありつつも、思っていた以上に今の同人のあり方について悩んでいる方が多く、自分は一人ではなかったんだと思えたのは全くの予想外で、引退してからすっかり気が抜けてしまった自分にとって、大きな支えとなりました。
ありがとうございました。